子供たちに、
ポリオのない未来を!

ポリオ根絶まであと少し!
「ポリオ」という病気

ポリオ(急性灰白髄炎)は非常に感染性の高い病気であり、特に感染しやすいのは5歳未満の子どもです。日本では一般に「小児まひ」と呼ばれることもあります。

ポリオウイルスは人から人へ感染し、最も多いのは汚染水を通じた感染です。神経系を侵すこともあり、これによって身体のまひを引き起こす可能性があります。治療法はありませんが、安全なワクチンで予防が可能です。



10月24日は「世界ポリオデー」

ポリオ根絶まで”あと少し”

ポリオ(急性灰白髄炎)とは、ポリオウイルスによって発症するウイルス感染症で、身体麻痺の後遺症をもたらし、時として命さえも奪う伝染病です。
日本では一般的に「小児まひ」と呼ばれていたのですが、2000年にポリオ絶滅宣言がだされた後は、その認知度も低くなりつつあります。
しかし、世界にはワクチンの接種を受けられず、未だポリオに感染し苦しんでいる子供たちがいます。
国際ロータリーは、この「ポリオ根絶運動」の最大支援団体です。これまで世界中で25億人以上の子供たちにワクチンを投与する活動を行ってきました。その結果、現在発症率は99.9%減少。
全世界からの根絶まで「あと少し」です。

国際ロータリー第2620地区 2019-20年度ガバナー
安間 みち子
(浜松ハーモニーRC)

This Close!
全世界のロータリアンがポリオ撲滅という共通意識と目標を持ち、WHO、UNICEF、ビル&メリンダ・ゲイツ財団等のパートナー団体とともに、ポリオをなくすための活動を長年展開してきました。
すべての子どもがポリオのない世界で暮らせる日は確実に近づいています。
「あと少し」です。
私たちは一丸となって「あと少し」を乗り越え、ポリオのない世界を実現させるために行動しましょう。

ポリオ、根絶活動についての動画を是非ご覧ください

静岡・山梨79ロータリークラブ、2,979名のロータリアンが
「END POLIO NOW」”あと少し”キャンペーンの活動をしています。


国際ロータリー第2620地区 2019-20年度 地区大会開催

日時 2019年11月3日()・4日(月・祝)
会場 アクトシティ浜松
会場住所
〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111−1
会場住所
〒430-7790 静岡県浜松市中区板屋町111−1